読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザクロの彼岸

モノを書いたり書かなかったり

糖尿病薬から延命薬へのクラスチェンジ

なんだこのタイトル。
でもマジらしいのよ。

「寿命120歳」不老薬に現実味 実は安価な糖尿病薬 米で臨床試験許可 - SankeiBiz(サンケイビズ)

FDAって誰よ?

FDAって聞いたことねえかな?
FBIじゃねえよ?

アメリカで薬とか医療機器を売るのって結構ハードル高いのよ。
2年とか平気で審査にかかったりするワケ。
その審査すんのがFDAな。
ま、日本の厚生労働省をイメージしといてよ。

んで、そこが「試験を許可した」ワケな。
「効くからその効用で売れ」って話じゃないワケ。まだ効能認められて無いしな。
ただ「ある可能性を感じてもいいぜ?」くらいのこったから。
まず一個ポイントはここな。

本当の勝ち組は?

もう一個のポイントは、
「もう既に、糖尿病の薬としては売ってる」
ってコトよ。

こっちは大騒ぎになる可能性があるよな。

  • ヨボヨボのジジイが糖尿病のフリして投薬受けたりしねえか?
  • 効能変わったら薬の特許が更新されるかもしれなくね?
  • 今まで安価な値段で売ってたクスリがバカ高くなってしまうかも?

半世紀くらい前の薬だから、副作用も研究され尽くしていると思うんだけど、実際、新しい効用が見つかった(かもしれない)ワケだし、副作用も新たに発見される可能性は大いにあるよな。

俺が本当に言いたい事

だとしたら、さ。
今飲んでる薬やなんやさぁ、「FDA認可」とか「厚生省 トクホ」とかよ、
なーんのアテにもなんねえな!
「クスリの保証」ってよ、曖昧だって事を思い知らされたよ。


ま、クスリに頼らない人生なんて難しいしよ、何もクスリ飲むなって話じゃ無いワケ。
シャレになる範囲の副作用で頼みたいモンだねって話よ。

とりあえず、センキュー アスピリン